Blog

Anahid is my Polaris!

宝物♡

宝物♡

she is my Polaris<3

she is my Polaris<3

 

本日、
敬愛するアナヒッドソフィアンの
ラストレッスンでした。

 

至福の時間。

 

彼女の踏み出す
たった一歩のステップと
翻す手のひらに
あっという間に引き込まれる。

 

 

言葉にできない。
否、言葉いらず。

 

 

時間をかけて、
踊りでしっかりフィードバックして
いきたいなと思います。

 

そして、
やっぱり目指すは
社会派平和活動ダンサー?!
なのか?!w

 

次のミッションが明確になりました。

 

アルメニア人が踊る
オールドターキッシュスタイルのベリーダンス。
そのストーリーが愛であり
アートでした。

 

この辺りは形にするの、
1人の力では無理なので、
ジャーナリストの友達界隈に
諸々お世話になりそうです。
よろしくでっす!

 

 

非常にシツコイですが、
わたしは彼女以上の踊り手は
いないと思ってます。

 

 

彼女は
目標であり、
夢であり、希望。
つまりは指針です。

 

そういう先人が一人いるだけで、
いくら迷っても、
惑わされても、
原点に戻ってこれる。

 

わたしのにぬふぁ星だね☆^^

 

今回は、
10年前NYを後に踊りで喰ったるで〜
っと意気込んで帰国したのはいいものの、
取り巻く環境に上手く適応できずに
もがいてたモラトリアムな期間に、

 

踊りを通して、
沖縄&渋谷で出会ったダンスメイツと
アナヒッドのレッスンを
受けれたこともあって、

 

ほんと個人的に
とても感慨深いNY滞在になりました。

 

 

レッスン中、
アナヒッドの踊りに見惚れてたら、
鏡に映る必死に食らい付いて踊る
3人の姿も同時に目に飛び込んできて、
一瞬ちょっと泣きそうなったw

 

 

宿に帰って、
あのステップどんなだっけ?

あの時の身体の使い方どうなってんの?

英語ちょっとよくわかんなかったけど、
なんの話してたの?

とか言い合いながら、
ノートにメモ取ったり、
各々復習し、
お互い教えシェアし合う時間に
たまらなく幸せを感じました。

 

 

この学びが各々持ち帰った先のコミュニティに
伝わり広がって行くのだと思うと、
ロマンしかないね♡

 

 

“いい先生ってのは、
いつだっていい生徒なのよbyアナヒッド”

 

 

無理矢理でも
可能な限り彼女の元に学びに来よっ!

 

次回一緒に行くダンサー
or面白いヤツ募集中〜

 

ダンサーってやっぱり最高の仕事だね!^^

 

 

STAY PUNK for PEACE,
IT’S MY DANCE!


our day off in NYC

生地選び楽しかった〜

生地選び楽しかった〜

セントラルパークでchillout♪

セントラルパークでchillout♪

ドシャっていうインドのクレープ!初めて食べたー

ドシャっていうインドのクレープ!初めて食べたー

sex pistolsぢゃなかった&the cityみたいw

sex pistolsぢゃなかった&the cityみたいw

ステーキ3人前なのにお腹パンパン!

ステーキ3人前なのにお腹パンパン!

エンパイアステートビル!

エンパイアステートビル!

 

レッスンオフは
NY散策〜٩(●˙▿˙●)۶

 

とにかくとにかく
踊りに関わるあれこれを
ゲットしまくりました♪

 

生地に、
キラキラなピアスに、
エスニックなネクレスに、
発色のいいアイカラーに、
人毛のつけまつげに、
かわいいレッスンウエアに…

 

もちろん日本ではなかなか
手に入らないものばかり♡
しかも秘密のプライスで
allゲト꒰´・౪・`꒱ふふふ

 

 

夜は、
viviちゃんのお父様の
ご好意に甘えて、
ちょっとリッチなディナーで
ステーキ&ワイン♡

(viviパパ
ありがとうございます♡)

 

話すことは…
残念〜!
ガールズトークではなく、
ここでもダンストークw

 

完全完璧にダンス漬けの
NY滞在になってます( ˘ ³˘)♪

 

最高♡

 

旅は道づれとは
よく言ったもので、
こんなに楽しいもんだとは!

 

もちろん
ひとり旅も大好きだけどね♡


We danced for Anahid!

2017atanahidstudio

 

 

今日が、間違いなく
このダンス旅のハイライト!

 

以前
アナヒッドと一緒にクリエイト
(彼女のこの感覚が大好き♡)
した振付、

結構な時間をかけて
uma&viviと3人で踊る用に
アレンジした振付を

やっと彼女にみせることができました。

 

 

踊り終わった瞬間、
アナヒッドから拍手もらって、

「tazuko、次のレベルに大きくハイアップしたね」

ってハグされちゃったら…そりゃ泣いちゃうよね。

 

 

いつものスタジオで
レッスンウエアで、
観ているのはアナヒッド1人だけなのに、

 

ピリッと空気が変わって、
もんのすごい大きいステージ
(…超満席の東京ドームのコンサートとか?!)
に臨む気分でした。

 

 

なんなんだろー
相反するモノが彼女の中に混雑して、
それでいて確かに
慈しみと厳格さと神聖さがある
熱量っつーか雰囲気っつーか存在感って。

 

 

きっとこの先、

例えば
人に言いたくないくらいしょっぼいステージで、なんかしんないけど楽屋いったら衣装が切り刻まれちゃってて、その犯人のこわいおねえさんが客席でクスクス笑ってた(そんな三文ドラマあるわけないけどw)としても、

 

例えば
ド派手にショーアップされたステージで、決して自分の趣味ではないキラッキラッの衣装きないといけなくて、100人?1000人?10000人?!それこそ東京ドーム?!wわかんないけど、そんな場所で踊ることがあっても、

 

 

今日の踊りを忘れなければ大丈夫。
っていう変な自信というか確信がついたというか…

 

んーんーんーんー…
うまく言えないけど、
心にシャンっと置いておかないといけない踊り
ってのがこれなんだと思う。

 

 

その瞬間を共有するダンスメイツがその場にいたこと。
一緒に誰かと体感できたことは、
1人のダンサーとしてとても幸せなことだと思いました。

 

 

しかも今日は偶然にも
インターナショナルダンスデーだったんだって!
ダンスの神様に愛されてるなー!今回のNY!
ラッキー⁽⁽◝( ˙ ꒳ ˙ )◜⁾⁾

 

 

umavivitaftah
さんきゅー( ˘ ³˘)❤︎

 

 

さっ残りのレッスンも、血肉にしてくよ〜

残りのレッスンもよろしくすー(*˘︶˘*)

 

しかしホント
踊って食って爆睡!のルーティンw
最高だね♡